for Comfortable life

なんとなく「頼んでおこうか」で依頼する査定は、ほぼ無意味

日付:21年06月22日 火曜日カテゴリ: スタッフブログ

こんにちは!リアルサービスの広報担当です。

お持ちの不動産の価値を知りたいとき、どうなさいますか?
「とりあえず査定だけ頼んでみようか」と思われるかもしれませんね。

しかし、この「とりあえず査定」は、残念ですがそこまで参考にならない場合が少なくないのです。

 

◆「とりあえず」で一括査定を依頼して、対応に追われるケースがある

 

実際に体験された方から伺った話ですが、不動産売却の気持ちが決まっていない時期に、「とりあえず、うちの査定額を知っておこうかな」と、手軽なインターネットの一括査定に申し込んだそうです。

登録が済んだわずか数分後には、業者からの電話やメールが入り始めたと言います。

最初は1件1件に応じていましたが、仕事中に次々と入る電話とメールへの対応に疲れて、「もう売らないことにした」と、最終的にはすべての問い合わせを断ってしまったそうです。

時間や気力に余裕があるときでなければ、複数の企業と同時進行でやり取りするのは大変だと、少々お疲れ気味のご様子でした。

 

◆「一番高い査定を出した会社が良い会社」とは限らない!

 

物件を査定に出す際、あらかじめ知っておきたいのは、直接物件を見て行う「訪問査定」と、物件の条件やデータだけを参考にする「机上査定」の、2種類の査定方法があるということです。

一括査定は携帯やパソコンから申し込めるので便利ではありますが、机上査定で概算を出されることが少なくありません。

場合によっては100万円単位の差が出ることもあるため、人情としては高い査定を出してくれた企業に依頼したくなりますよね。

しかしこれが “机上の空論” だったとしたら?

結局は現実に見合った額でしか売れず、なまじ最初に見た額が高かったために、「この程度の額でしか売れなかった」と落ち込む方もいらっしゃいます。

このようなケースを避けるためにも、「とりあえず査定」は控え、売却する決心が固まってから、きちんと訪問査定を行う不動産会社を探しましょう。