for Comfortable life

リアルのりある。〜実録・相続トラブル〜『私は親に会いたくありません』

日付:21年07月29日 木曜日カテゴリ: スタッフブログ

こんにちは!リアルサービスの広報担当です。

2024年をめどに、登記についての義務化が施行されます。
以降は、土地や建物を相続した場合、必ず相続登記をしなければなりません。

でも、中には顔を見るのも嫌だというほどに関係がこじれたご家族もいらっしゃいます。当社の代表・堤に、自力でどうしても解決できないケースをお手伝いしたときの話を聞いてみました。

 

◆「親の顔は見たくもありません」長年連絡を取っていなかった親子

 

Q.今回のトラブルは、親子間で相続がきちんとできなかったケースですね。

【堤】はい。このご家族は、親御さんが莫大な借金を抱えていて、親御さんに反発したお子様が家を出て親子の縁を切っていたという流れがありました。
相続の相談を親御さんからお受けして、お子様を探すことから始めたんです。

Q.相続の手続きで人探しもするんですか?!

【堤】普通の不動産会社ならここまでしないと思います。私はいろいろなケースに対応することが多く、イレギュラーには慣れていますから、お引き受けしました。
少し時間はかかりましたが、なんとかお子様を探し出して説得し、親御さんが入院している病院へお連れしたんです。

お互いが元気なうちは、連絡を取り合わなくてもそれぞれにやって行けるものです。ただ、相続だけはそうは行きません。
家族の関係がこじれていると、このケースのように、いざとなったときに自分たちで解決できなくなっていたりするのですね・・・。

 

◆「親と2人きりにしないでください」

 

Q.話し合いはスムーズに進んだんですか?

【堤】いや、やはり長年の蓄積があって簡単には行きませんでした。「私は親と会ったら何をするか分からない」とまでおっしゃられるのを連れて行っているのですから、仕方のないことですが。
付き添って欲しいと頼まれて、お連れした責任も感じていましたので病室の中までご一緒しました。

Q.お見舞いで他人が行くのは普通ですけど、そういった場合でも付き添いはできるんですね。

【堤】それが、個人情報を含むような内容だからか、お医者様から「あなたは誰だ」と聞かれて。「不動産屋です」と答えたら、「身内でないなら退室してください」と言われてしまったんですよ。

そうしたらお子様が私の袖をガシッとつかんで、お医者様に「私はこの人がいないと、親と同じ空間にはいられないんです!」と訴えられたんです。お医者様がびっくりされていましたね。
それからは退室させられることもなく、なんとか話を終えることができたので一安心でしたが、お子様はかなり気持ちをセーブして頑張られたのではないかと思います。

この後は手続きも終え、お子様も普段の生活に戻られたということでした。
しかし、もしお子様が見つからなかったらどうなっていたでしょう?
お子様が面会を絶対拒否していたら・・・?

相続は、プラスのものを受け継ぐだけではありません。
借金というマイナスな資産も、家族に影響を与えてしまうのです。

自分たちだけでは話し合えない、解決できないようなケースこそ、早めに手を打たなければなりません。
人探しは通常業務には含まれませんが、もしも他に相談しづらい相続のお悩みがあれば、一度当社にご相談ください。できる限りのサポートをいたします。