for Comfortable life

子育てしやすい家のポイント伝授!長く住める家を探そう

日付:21年11月09日 火曜日カテゴリ: スタッフブログ

こんにちは!リアルサービスの広報担当です。
お子さまが誕生したご夫婦が、「住んでいる家が子育てしづらいから」と言って家探しに来られることが、多々あります。

しかし、赤ちゃんを抱えての引っ越しは予想以上に大変です!
どんな家なら、赤ちゃんが産まれてもそのまま暮らし続けることができるのでしょう?

 

◆人数が増えても住み続けられる家か、借りる前に確認する

 

全国的に増えつつあるのが、「赤ちゃんが産まれたら、出て行って欲しいと言われた」というトラブルです。
トラブルと書きましたが、実はこれ、契約時に確認が漏れていた場合だったりします。

お手元にある賃貸契約に、以下のような文言が入っていませんか?

(禁止又は制限される行為)
「頭書に記載する同居人に新たな同居人を追加(出生を除く。)すること。」
(引用:国土交通省「賃貸住宅標準契約書」雛形)

この場合は、(出生を除く。)とあるので、退去する必要はありません。
もしこう書かれていなければ、契約内容をもとに、退去しなければならない可能性が出てきます……。

結婚や出産を予定している場合は、契約時に必ず確認しておきましょう!

 

◆間取り、音、広さなどチェック項目はたくさんある

 

間取りや音の響き方も、安心して子育てをするためには重要なチェックポイントです。

退去を決めた理由の一部を見てみましょう。

・子どもの足音や声がうるさいと苦情が入った
・段差や階段が子どもに危ない
・バスルームが狭くて、赤ちゃんの沐浴や子どもと一緒の入浴が難しい
・玄関が狭くてベビーカーが置けない

大人2人なら問題ないようなことが、子育ての最中には気になり始めます。
家を借りる時に、家族や友人など、子育ての先輩に意見を求めてみるのも良いですね♪

不動産会社の担当者にも、家族が増える可能性を伝えて一緒に探してもらいましょう。
当社にも子育て経験ありのスタッフがいます。お気軽にご相談を!