for Comfortable life

家を購入した後に気づく不便さとは?新築をリフォームする人が増えている

日付:21年12月16日 木曜日カテゴリ: スタッフブログ

こんにちは!リアルサービスの広報担当です。
近年、新築の家を購入した後に、設備などの不便さを改善するためにリフォームする人が増えているようです。

そこから見えてくる、新築の家の選び方があります。
マイホーム購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

◆新築の家なのに不便さを感じるポイントはどこ?

 

新築の家で不便さを感じるポイントは、注文住宅と建売住宅でそれぞれの特徴があるようです。

[注文住宅の場合]
・希望を取り込みすぎて、実際に暮らしてみると取り回しが悪かった
・家事導線の設計が、家族の暮らしと合っていなかった
・家族全員の意見がまとまらないまま間取りを決めてしまった

[建売住宅の場合]
・設備よりも予算や地域を優先して家を選んだ
・希望する土地で、希望通りの家に住みたかった

土地の希望が叶わないときに、新築や中古の一戸建てを購入してフルリノベーションする人もいます。
これまでにない、新しいマイホームの叶え方ですね!

新築をリフォームするのは、人生の満足度を高めるために必要な「家の質」を、よく考えたからこその決断なのかもしれません。

 

◆新築のリフォームで気を付けるべきポイントは?

 

真新しい家を、自分らしい暮らしに合わせて調整することができるので、リフォーム後の満足感は高いようです。

ただ、新築一戸建てを購入した直後にリフォームするときは、気をつけたほうが良いことも。それは保証に関わる部分。

新築物件を販売する業者には、引き渡しから10年間の「瑕疵担保責任」が義務付けられています。

「瑕疵担保責任」とは、引き渡した物件になんらかの瑕疵(隠れた部分に欠点や問題があること)があった場合に、販売業社が責任を負うという決まり。
もしリフォームして家そのものの構造に手を加えると、瑕疵担保責任の保証が受けられなくなる可能性が生じます。

DIYが得意だと自分で手を加えるのもリフォームの楽しみではありますが、新築購入後にすぐリフォームしたい時には、保証内容がどうなっているか、リスクを回避できるリフォームはどのような内容かをプロに相談してみましょう。

当社には宅地宅建取引士(宅建マイスター)や二級建築士の資格を持つプロが揃っています。
家の購入や売買だけでなく、リフォームについてのアドバイスもできますので、気になることはどうぞお気軽にご相談ください。